2016年07月02日

Cut003



優先カットでは作画の具合やタイミング、色合い、カメラワークなどいろいろな事柄の確認が出来ました。
イメージ通りの結果が得られたので、残りのカットの作業にとりかかります。

やっとCut003もラッシュが完成しました。

【現在の進捗状況】
レイアウト:7/7(全カット作業完了)
原画:7/7(全カット作業完了)
動画:7/7(全カット作業完了)
仕上:4/7
背景:7/7(全カット作業完了)
撮影:2/7
音楽はフリーDTMソフトを使用して製作中
posted by わんにゃーProject at 17:59| 製作日誌

2016年03月10日

ラッシュチェック



優先カットのCut002だけですが撮影が完了したのでラッシュをチェックします。
このようなカット単位のラッシュチェックをバラチェックといい、すべてのカットを繋いでチェックすることをオールラッシュチェックといいます。

カットが想定したとおりになっているか確認するのですが、内容の確認もさることながら、技術的なイージーミスがないか検査します。

このカットではにゃーのスライドに不具合がないか心配でしたが、問題なく、一発OKが出ました。

今回はPVなのでカット数が少ないため、この調子でバララッシュチェックを繰り返し行うかたちになりそうです。

【現在の進捗状況】
前回の報告から進捗なし。
(日々の仕事が忙しすぎて3月中旬まで全く作業が出来ない模様)
posted by わんにゃーProject at 00:44| 製作日誌

2016年03月02日

撮影

2016-02-25 13-08-42.jpg


撮影素材がそろったので、撮影作業にとりかかります。

わんにゃーProjectのスタッフには撮影の専門家はいないので、手探りの作業です。
とは言え、アニメ制作の素人ということでもないので、これまでの教養を生かして作業を進めてみます。

最近のTVアニメの撮影といえばAfter Effectsが主流ですが、それは複雑な画面効果や撮影時でのエフェクトを加味するのに都合が良いからです。
わんにゃーは牧歌的な作風なので、そういった複雑な効果を必要としません。
撮影技術も未熟なので、出来るだけ簡単に操作のできるソフトが望ましいです。

そこで、わんにゃーではRETAS STUDIOのCoreRETASという撮影ソフトを使用しています。
CoreRETASはデータも軽く、スペックの低いPCでも運用することが出来ます。
PV優先カットCut002はトップのイメージのようなかたちで撮影されました。

自分たちの作ったアニメーションがレンダリングされて動いた時には感動しました。

【現在の進捗状況】
前回の報告から進捗なし。
(日々の仕事が忙しすぎて3月中旬まで全く作業が出来ない模様)
posted by わんにゃーProject at 20:25| 製作日誌

2016年02月25日

背景

IMG_20160225_132546.jpg


レイアウト(背景原図)を元に背景の制作作業に入ります。

わんにゃーでは背景を透明水彩で描きます。
用紙も水彩用紙です。
アナログ時代の一般的なTVアニメの背景はケント紙にポスターカラーで描かれることが多かったようです。
デジタル時代になり、一部でアナログな塗りは存在するものの、主にDTP(デスクトップペイント)によって背景が制作されるようになりました。

わんにゃーでは世界観を生かすために意図的に透明水彩を使用しています。
部分的にはその他の画材やデスクトップ上での加工を施します。

必要に応じてBOOK分けなどをする場合はPhotoshopで切り分けます。
事前にBOOKがスライドなどをすると決まっている場合は用紙を分けて描きます。

わんにゃーでは背景の密度があまり高くなり過ぎないように気をつけて作業を進めています。

【現在の進捗状況】
前回の報告から進捗なし。
(日々の仕事が忙しすぎて3月中旬まで全く作業が出来ない模様)
posted by わんにゃーProject at 14:00| 製作日誌

2016年02月15日

作画とタイムシート

1455352441189939500427.jpg


作画の規格が決まったのでレイアウト作業に入ります。

わんにゃーではこれまでにプレプロダクション作業(作画等のプロダクション作業のための事前の作業のこと。シナリオや設定、絵コンテなどの作業を指します)として、原作のマンガや絵本のために、キャラクターデザインや各種設定を制作していました。
これら利用して絵コンテに描かれた内容をレイアウトとして表現してゆきます。

レイアウトが出来ると次は作画と背景の制作です。


背景制作については次回にご紹介するとして、今回は作画のご紹介をします。

わんにゃーの作画はアナログの作画用紙に鉛筆で描きます。
最終的な画面を水彩画風にしますので、鉛筆の描き味(風合い)を生かすために線画をスキャナーで取り込む際にはグレースケールにします。
線画の補正も出来るだけしないで、汚れだけが消えるようにPhotoshopで補正します。
一般的なTVアニメのような線画の2値化はしません。

素上がりのレイアウトに対しては演出修正を行います。
作画はその修正に合わせて作業をします。
また、作画が完成した段階で演出チェックを行います。

わんにゃーでは動画と原画の作業分担は行わず、原画の線のままのものを動画として使用します。
つまり、すべての作画は原画クオリティということです。

作画と同時にタイミングも決めます。
タイミングは専用のタイムシートに記入します。
わんにゃーでは一般的なTVアニメと同じ、1秒24コマのタイムシートを使用します。

【現在の進捗状況】
優先カットCut002の撮影が完了。
Cut001のレイアウト作業IN。
音楽はフリーDTMソフトを使用して製作中。
posted by わんにゃーProject at 15:26| 製作日誌

2016年02月09日

作画用紙とレイアウト用紙

CawtPquUAAArF5p.jpg large.jpg


絵コンテが完成したので、次に作画作業に入ります。

一般的なTVアニメの作画用紙のサイズはA4です。
近頃ではハイビジョンなど高解像度、大画面のTVが増えたこともあって、作画用紙のサイズはB4なども増えてきています。

わんにゃーでは作画用紙のサイズをB5にしています。
一般的な流れに反して作画サイズを小さくする理由は、視聴者層と視聴形態を意識してのことです。
主な視聴者層は幼児と大人(普段はアニメを観ない大人)です。
また、主な視聴形態はスマホやタブレットPCで、大きい画面でも15インチのノートPCくらいを想定しています。
そのため高解像度のムービーはデータ量が重いだけで、再生時には高解像度の威力を発揮しないのではないかと考えました。
実際にムービーが完成し、多くの方々の感想が得られた時にこの方法が適切であったかどうかが判明すると思います。

作画サイズが小さい事のメリットは、作画がしやすいということと、画像データが軽いということ、それからアナログの鉛筆の味わいが画面に出やすいということがあります。

【現在の進捗状況】
作画・彩色・背景などのテイストを確認するための優先カット、Cut002の作業を行いました。
LO・原画・動画・仕上・背景が完了。
仕上の調整、背景の調整が完了。
音楽はフリーDTMソフトを使用して製作中。
posted by わんにゃーProject at 18:29| 製作日誌

2016年02月06日

絵コンテ

CagR17TUcAEpIcX.jpg large.jpg


わんにゃーProjectは、アニメ「わんにゃー」を作るためのサークルですが、どういった作品をどのような方法でアニメーションにするかは完全には決まっていませんでした。

これまでに作りためた原作マンガや絵本をアニメーション化することは決まっています。
また、手描きの2Dアニメーションであることも決まっています。
しかし、正確な2Dの作画方法は決まっていません。

今回のPV製作ではその方法を模索しながら製作してゆきます。
アニメ「わんにゃー」本編のためのパイロット作品ともいえると思います。

つまりこのPV製作の企画意図は「本編へのテスト」です。
製作する総尺は15秒ほど、カット数は10カットほどです。
PVなのでシナリオはありません。
わんにゃーの世界を少し紹介できるような内容を目指します。
制作ツールは「RETAS STUDIO」です。
背景は水彩画、セルは手描きのアナログ作画をデジタルペイントします。
音楽はDTMで自作する予定ですが、フリー素材の音楽を使う可能性もあります。
公開はyoutubeです。
カット単位で完成したムービーをアップしてゆく予定です。
完パケムービーはyoutubeで公開しますが、CD-Rに記録してイベントで展示頒布する予定です。

大まかなフォーマットが決まったところで(※本当はもっともっと細かい部分まで決めていますが書ききれません)、アニメーションの画的な方針を決める絵コンテの製作作業に入ります。

明確な最終的なビジョンがないので、ある程度の予測で絵コンテを描き始めました。
完成した絵コンテをもとに作業をしますが、カットを追加したり尺を変更したりということは十分行います。

ブログタイトルでも書いていますが、その絵コンテが冒頭の画像です。
posted by わんにゃーProject at 18:43| 製作日誌

わんにゃーPV製作開始!

PV_seisakkaisi.png


2016年2月、少しづつ準備を進めてきた自主アニメーションの製作を開始することになりました!
このブログではその製作作業の進捗状況や情報を製作日誌というかたちで発表してゆきます。
※タイトルにあるように日誌ではありますが、ときどき更新しますので正確には日誌ではありません。

今回製作する自主アニメーションは「わんにゃーPV(プロモーションビデオ)」です。
アニメ「わんにゃー」を製作してゆくにあたって、まずはパイロットフィルムのような実験的なショートアニメーションを作ります。
本編をどのようなテイストの作品にしてゆくか、このPVで探り探り試してゆく予定です。

2016年5月5日コミティア116で展示頒布する絵本「わんにゃー 〜冬の本〜」と同時製作しますので、ショートアニメーションといえども製作期間はかかりそうです。
また、お仕事の方も忙しく、創作作業にかけられる時間も限られています。

のんびり温かい目で見守ってくださるとありがたいです。
では、わんにゃーPV製作開始!
posted by わんにゃーProject at 14:48| 製作日誌